2008/7/22 火曜日

Flashがパプリッシュ後急に動かなくなりました

カテゴリー: — gabon @ 11:36:21

時々Flasherのgabonですが、最近ではハマるところがなく、ブログの更新も滞り気味でしたが、久々にやらかしてしまいまして、更新ができてうれしいやら・・
とあるデモを作るために、ActionScript2.0で書いていて、デモも形になったところで、最後の追加を行い、パプリッシュしたところ、突然プログラムが動かなくなりました(FlashPlayerは立ち上がる)。
さすがに焦りました。
結論としては文字コードの問題で、複数のソースファイルで構成されていて、あるソースファイルはutf8で、またべつのものはshift-jisになって、文字コードが混在していました。デモのコーディング中、ずっとこの状況でうまくいっていたので、急に動かなくなった時には思い当たることができず、冷や汗をかきました。。
おそらく、最後に日本語でコメントを追加し、パプリッシュしたのが原因かと。。
ちょっと判断に悩んだのですが、ソースの文字コードをshift-jisで統一し、事なきを得ました。(日本語を使う場合はutfがいいとマニュアルにありますが、過去にshift-jisで動いていたので・・実績重視)

Flashが突然機嫌を悪くした場合、文字コードを疑ってみるのをオススメします。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード トラックバック URL

コメントをどうぞ

You must be logged in to post a comment.

HTML convert time: 0.342 sec. Powered by WordPress ME