2012/5/9 水曜日

さくらのレンタルサーバでpythonのスクリプトを動かす

カテゴリー: — gabon @ 16:34:32

さくらのレンタルサーバが複数のDBを使えることになったと(今更ながら)知り、他のサーバで動作していたpythonで記述したスクリプトを、さくらのレンタルサーバでも動かそうとしました。

そうしたら、誰しもが通る、
unicode encode errorに見事にハマり、
調べるところによると、デフォルトエンコーディングの設定がうまくいっていないようです。

通常なら、
/usr/lib/pythonX.X/site-packages/に
sitecustomize.py
を設置すればよいのですが、さくらのレンタルサーバでは権限の問題でそうはいかない。

そこで、
http://sphinx-users.jp/cookbook/ci/sakura.html
の「さくらインターネットで自動ビルド」の記事が参考になりました(感謝!)。

1.virtualpythonをインストールし、環境変数を設定

さらに、
virtualpythonをインストールしたディレクトリのsite-packagesディレクトリ
例:~/virtualpython/lib/python2.7/site-packages/
にsitecustomize.pyを設置し、

スクリプトの実行の際は呼び出すpythonのディレクトリを明示
例:~/virtualpython/bin/python

で無事に動くようになりました!

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード トラックバック URL

コメントをどうぞ

You must be logged in to post a comment.

HTML convert time: 0.346 sec. Powered by WordPress ME