2009/11/4 水曜日

PHPでqmailに接続するAPIの開発

カテゴリー: — gabon @ 17:59:26

PHPでqmailに接続し、アカウントを作成したり、変更したりするAPIの開発をさせていだきました。

*Pearのnet_vpopmaildを利用

*net_vpopmaildの場合、
.qmailファイル(.qmail_アカウント名のテキストファイル)はdomains/ドメイン名の直下に作成されます。
 qmailAdminの場合と置き場所がことなるので、混在は事実上無理かもしれません。
(qmailAdminとapiでいじりあうととんでもないことに!)

* .qmailファイルには、転送アドレス、保存ディレクトリをかきます。このファイルを消してメーラでアクセスするとログイン失敗するので、消さないように! また、vpop/bin/vuserinfoで保存先が取得できても、.qmailファイルに同じ情報が書かれていないと、結局保存ができません。

* gidフラグをいじると、一見保存はできなくなりますが、メーラでのログインに失敗するので禁じ手です。

以上短いながらも濃い情報でした。開発サポートのみなさま、おつかれさまでした!

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード トラックバック URL

コメントをどうぞ

You must be logged in to post a comment.

HTML convert time: 0.375 sec. Powered by WordPress ME