2009/6/27 土曜日

AS2で連想配列と配列と連想配列を組み合わせる

カテゴリー: — gabon @ 17:02:19

久々のactionScript2ネタです。
結構ハマリましたので、ブログに書きます。

例えば、
経路データが入っているテーブルがあるとします。
どこに行くかは名前で引っ張ることとし、
道筋のデータ(X,Y)は任意の個数分あるため、数字で引っ張ります。
そして、座標は名前で引っ張るとします。

そういうデータを格納する書き方でちょっとハマリました。

var moveroute = new Object();
moveroute["LIBRARY"] = new Array( { X:300, Y:130},{ X:310, Y:140} );
moveroute["BOOKSTORE"] = new Array( { X:10, Y:130},{ X:30, Y:130},{X:30,Y:100} );

と格納して、

引っ張ってくるときは、
moveroute["LIBRARY"][1]["X"]; <-310
moveroute["LIBRARY"][1]["Y"]; <-140
でOKです。

・名前で管理したいときはオブジェクト
・数字で管理したいときは配列

と覚えればよいのかもしれません。
しかし、、動的に要素を追加したりする場合って、、どうするのかしら。。またブチあたったら考えます。。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード トラックバック URL

コメントをどうぞ

You must be logged in to post a comment.

HTML convert time: 0.355 sec. Powered by WordPress ME